恋するオペラ紀行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雪辱!

先日スカラ座のチケット取りに失敗した私。輦
あまりに悔しかったので、鼻息も荒く、雪辱廉を誓いました。

今度こそっ!

の対象になったのは花の都パリ、オペラ座の
マスネ作曲「ウェルテル」。
御存じ、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」をオペラ化したものです。
テキストはフランス語ですが。

もちろん、主役ウェルテルは烈ヨーナス・カウフマン烈、
ヒロイン、シャルロッテはソフィー・コッホ

幸い今回は、開幕公演である、とか、
指揮者に到るまで大スターを揃えている、とか、
超人気演目である、とか、
というハンディ(??)が無かったので、
無事、2010年1月23日の公演チケットを、入手致しました

スイスにもう何年も住んでるくせに、隣国フランスの主都、パリには
実はたったの1日しか滞在したことが無い私。牢
今回はオペラ鑑賞というより、観光の方がメイン目的に
なりそうな予感です。

その昔、漫画「ベルサイユのばら」を読んで以来、
一目見たいと願っているベルサイユ宮殿に足を運ぶか、
はたまた最近読んだ「ダヴィンチ・コード」の影響を受けて、
ルーブル美術館に足を運ぶか、
中に入らず、外側鑑賞でハシゴをするか、
今まだ、迷い中です。

前回の滞在の記憶と言えば、

「地下鉄に乗ってる人がみんな、ドロボウに見えて、怖かった。」
(何も起こらなかったから、ただの偏見でしたが・・・怜)

ということと

(地下鉄で降りるべき駅の名前が読めず、適当に怜下車したため)
「どこに来ちゃったのかが分からず、怖かった」

というロクでもない念ことだけでした。

前回から言語に関してはまったく進歩がない私は、
相変わらず、フランス語がさっぱり分からないので、
下調べを存分にしていこうと思います。
もちろんオペラ鍊についても獵

パリまで電車で行くと、ミュンヘンやミラノに比べると、
ちょっと遠いのでお尻が痛くなりそうですが、
楽しみです漣


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

結婚相談所に無料一括資料請求!

スポンサーサイト

PageTop

思う人には思われず、思わぬ人に思われて・・・?

なんだってこう、ついてない念んでしょうか。
よりにもよってこの日に、どうしても
出かけなけねばならない用事があったなんてっ獵

何かと申しますと、例によって
ヨーナス・カウフマン烈の事なんですが。

11月6日のヨーロッパ時間の午前9時に
ミラノ・スカラ座の「カルメン」のチケット発売が
開始されたのです。
もちろん、わがヨーナスは「ドン・ホセ」です。

このカルメンはスカラ座の今シーズンの開幕公演で、
プレミエ(新演出)、しかも豪勢なことに

指揮者がダニエル・バレンボイム
エスカミーリョがアーウィン・シュロット
(主役カルメンは誰だか知らない・・玲)

という超豪華メンバーだったのです。裂

チューリッヒ~ミラノ間は電車で4時間ほど。
これは「観たい獵」と思うじゃないですか令

ただし、チケット入手には相当気合を入れなければ

というわけで私はこの日付を半年以上前から
チェックして、大きな太字で手帳に
書き込んでいたというのにっっ。。

よりにもよってこの日のこの時間、出かけなければ
ならなかった私は致し方なく、携帯パソコンを持って
電車に乗ったのです。
が。
パソコンちゃんはこの日、大変機嫌が悪く、
いったん繋がったにもかかわらず
途中で切れてしまったのです・・・。煉念

再度つながったのは午前9時12分。丹

しかし囹囹

たったの12分で全7公演全てのチケットが
売り切れ廉のです・・・・。煉輦煉

そ、そんな・・・・。

せめて接続のしっかりした家のパソコンで
ブッキングをしていれば、買えていたろうに・・・。輦

ショックのあまり私は、この日午前中の記憶が全然
なくなってしまいました。。。閭

どうやって家に帰り着いたのか分からない(?怜)その後。
家のパソコンを開いてメールをチェックしてみたら、
チューリッヒのオペラハウスからメール亮が来ていたのです。

今年チューリッヒ歌劇場は175周年を迎えるため、
11月10日に特別公演と称して、あちこちから
スター歌手を迎えてガラ・コンサートを開催するのです。

指揮者フェドセイエフに、歌手陣がアグネス・バルツァ
マーリン・ハルテリウスエミリー・マギー
ニール・シコフホセ・クーラファン・ポンス
レオ・ヌッチ・・・etc.

華やかなメンバーでしょう?

インターネット上、チケットはとっくの昔、
もう2か月前に完売になっていたので、
すっかり諦めていたのに、
なんと!

実は学生のために60席もの座席をこっそり裂(?)確保して
あったらしいのです獵学生特別料金、つまり通常の
約8分の1の値段で、チケットを入手できると言うのです。

・・・って今さらそんな嬉しがらせを言われても、予定入ってるし・・・。
ちぇ。念

思う人には思われず煉、思わぬ人には思われて玲、
とかく、この世はままならぬ・・・蓮

ですね


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
海外留学を安心トータルサポート!海外留学のEF!
直営の語学学校を持つEFだからこそ、仲介料なし!

▼資料請求はこちらから▼
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1I8TJD+42GNLE+1WTS+64C3N 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

PageTop

ライブいろいろ

今シーズンのチューリヒ歌劇場、最初のプレミエ(新演出)は、
ロッシーニ作曲の「エジプトのモーゼ」です。
聖書のお話ですよね。

先日観た「ドン・ジョバンニ」の直後、9月19日にはもう始まっていたんですが、
私はまだ観ておりません。

主演は今をときめくウィーンの女王アンナ・ネトレプコの旦那様、
アーウィン・シュロット
以前に確か、同じオペラでエジプトのファラオ役を歌っていたはずですが、
今回はモーゼ役で役デビューです。
前は肩まで伸ばした黒髪のイケイケ兄ちゃんだったはずが、
いつの間にか坊主頭閭になってます。
どっちみちヤンキーに見えることに変わりない・・・牢

指揮者がパオロ・カリナーニ(と読むのかな??)、
前にフランクフルトの歌劇場音楽監督だった人です。(確か)
スキンヘッドのイタリア人、というととても怖そうに聞こえる
かもしれませんが、腰が低くて、わがままなディーバになんか
とても勝てそうもない、人の好さそうな感じです。
彼はヴェルディの指揮にはちょっと抒情的すぎて、
甘すぎる気がしましたが、
プッチーニの指揮の時はイタリア人の本領発揮、素晴らしかった、烈
ように記憶しています。

他にはモーゼの姪エルチアエヴァ・メイが出るみたいですね。
彼女はチューリッヒ歌劇場の椿姫のDVDに出てます。↓




けっこういいんですよ、この椿姫。もう3回見た
トーマス・ハンプソンが出色です。

さて。
モーゼと言えば「十戒」、
「十戒」と言えば、チャールトン・ヘストン主演の映画が頭に浮かびます。
(1956年の制作でしたかね?)
エジプト人に追われたヘブライ人が逃げる時玲に、前方に現れた海が
神の奇跡烈よってパパーンと割れて、海の合間に乾いた道が現れる・・・
という場面だけを強烈に覚えております。

そしてチャールトン・ヘストンと言えばコスチューム俳優。
十戒の他に「ベン・ハー」にも主演していたように記憶しております。

何でそんなことを思い出したかというと、最近チューリッヒの
あちらこちらで
ベン・ハー・ライブ」という広告を見かけるからなんですよね。旅

「ベン・ハー・ライブ」って何をするんだろう?

ヘストンの「ベン・ハー」を見たのは大分昔なので、話の筋はよく覚えていませんが、
確かとても長~い映画だったような気がします。
おまけに主人公のベン・ハーは、罠にはまって奴隷にされて、ガレー船を漕いだり、
あっちこっち連れまわされたりしていたはずだから、
全編の「ライブ」は絶対ムリなはず。

ということはやっぱり、ライブというのは、例のあの有名な
チャリオット(戦車)競争をやるんでしょうねえ。
それにしてもスイス人て変なこと考えますね~。。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も応援↓お願いします!


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

スワンの疑問

白鳥の湖」は、あれだけ有名なバレエなので、大体の話は知ってるし、
ゆっくり調べたことなんてありませんでしたけど、
考えてみたらかなりな話です。牢

ウィキペディアのあらすじによると、序奏部分で、いきなり

オデット姫が花畑で花を摘んでいると悪魔ロッドバルトが現れ白鳥に変えてしまう。

とか。
お、おとぎ話って、こういう始まり方をしていいものでしょうか??
大体
なんで、また、花を摘んでるだけで、いきなり魔法をかけられるんです?
しかもな、また白鳥?(まあ鳩ポッポじゃ絵にならな過ぎでしょうが・・・)


そして第一幕。
ジークフリート王子の21歳の誕生日。王子の友人が祝福の踊りを踊っている。
そこへ王子の母が現われ、明日の王宮の舞踏会で花嫁を選ぶように、と言う。
まだ結婚したくない王子は物思いにふけり、友人達と共に白鳥が住む湖へ狩りに向かう。


このお話には王子様と母上、つまり「王妃様」だけが登場し、
かつ「王妃様」が王子様に、結婚相手を探すように命令するんですが、
ということは、この国、「国王」はいないんでしょうかね?
だって普通そういう大事なことって国王陛下が決めるでしょう

続いて第2幕
白鳥たちが泳いでいるところへ月の光が出ると、たちまち娘たちの姿に変わっていった。
その中でひときわ美しいオデット姫に王子は惹きつけられる。
彼女は夜だけ人間の姿に戻ることができ、この呪いを解くただ一つの方法は、
まだ誰も愛したことのない男性に愛を誓ってもらうこと。
それを知った王子は明日の舞踏会に来るようオデットに言う。


しかし悪魔さんもどうしてまた、昼間だけ白鳥で、夜は人間に戻れる、
なんぞという複雑怪奇な魔法をかけたんでしょうかね?

夜だけ人間に戻したってことは、もしや・・・え??(大人な想像しすぎ??怜)

お次は第3幕
王宮の舞踏会で世界各国の花嫁候補の姫君達が踊りが繰り広げているところへ、
白鳥オデット姫にそっくりな、悪魔ロットバルトの娘オディールが現われる。
そっくりに見えたのは実は悪魔の魔法のせいだったが、
そうとは知らずに王子は彼女を花嫁として選んでしまう。
その様子を見ていたオデットの仲間の白鳥は、王子の裏切りをオデットに伝えるため走り去る。
悪魔に騙されたことに気づいた王子は嘆き、急いでオデットのもとへ向かう。


唯一この幕のみに登場する悪魔ロットバルトの娘、オディール
これはワタクシ前々から疑問に思っておりました。
ロットバルトの娘なのは結構ですけど、このオディールちゃん。
母はいったい誰??

それから「花嫁候補」として登場する姫君達。
たいてい各国の踊りを披露する時に男性舞踏と一緒に踊ます。
もちろん奇数人数で踊るため、明らかにアブレチャッテル姫も、いるにはんですが、
でも花嫁候補」の姫君って、普通「花嫁選び」のパーティーに、
男連れ」で来ませんよね


最後に第4幕
破られた愛の誓いを嘆くオデットに王子は許しを請う。
そこへ現われた悪魔に王子は跳びかかった。
激しい戦いの末、王子は悪魔を討ち破るが、白鳥たちの呪いは解けない。
絶望した王子とオデットは湖に身を投げて来世で結ばれる。
(版によっては悪魔の死と共に魔法が解けるハッピーエンドバージョンもある)


最後の疑問。
パパは死んじゃったけど、オディールはこの後どうなったんだろう?

やっぱり不思議がいっぱいのお話でした・・・。裂


いつも読んでくださってありがとうございます!
今日も応援ポチ↓お願いします!

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop

スワンのフォロー

先日の「白鳥の湖」。

観た直後はずいぶん怒っていたみたいで、読み返してみたら、
怒りのあまり、文句ばっかり書き連ねていましたね。
すみません嶺

そんなにひどいばっかりでも無かったんですよ。
だって何しろ、隣のおばちゃんみたいに途中で帰らずに、
最後まで観てきたんですから・・・。

これでフォローのつもり・・・?)

ヒロイン役のポリーナ・セミオノヴァ
ドタバタとアヒルの行進10月8日の記事をご参照下さい
をするイソギンチャク同上)の間を
走りぬけて登場したとき

やれやれ、ようやく白鳥に見える人が出てきた・・・

と安心したものです。
なかなかに優雅で足も細い(く見える)
美しい容姿のお姫様でした。裂

パドブレだって、ちゃんと「パドブレ」だったので、
アヒルさんたちのように水面下でベチャベチャと水を掻いているようには見えず、
ちゃんと水面をすーっと浮かぶように見えてくれたのです。

白鳥の主役は一人二役でオデット姫の他に、第3幕で
悪魔ロットバルトの娘オディールも踊るのですが、
この方のオディールは、キレもスピード感もあって、
生き生きしてました。

群舞の方たちとはえらい違いでした。秊
もし群舞が下手だったのは、主役を際立たせるための
演出だったのかも

ヒロインに比べるといささか冴えなかったものの、
お相手のジークフリート王子もなかなか検討してました。
もっともこの役は「姫君の添え物」でしかない(?)ので
元々誰がやっても冴えないんですが。

ジークフリートのバリエーション(一人で踊る部分。
おフラ~ンスでは「バリアスィオ~ン」と言う)
は、
ローザンヌ国際バレエコンクールでも16、7歳の少年出場者達がよく踊ります
が、さすがに先日のジークフリートはプロというか
大人の風格と余裕がありました。

ただしこれも彼のせいではないのですが、
全身、青銅色としか形容できない色の衣装で、

座って、うつむいて、こぶしを作って、頬杖をついたら、
ロダンの「考える人」みたいだな~


あんまり格好良くは見えないんですよね。(これは「彼のせい」かも?)
王子様がオデット姫に惚れたのはよく分かるけど、
オデット姫が王子様に惚れたのは・・・
なんでなんだろう・・・?(蓼食う虫も好き好き)

悪魔ロットバルトも頑張ってました。
美味しい役ですよね。王子様よりカッコいいんです。
少なくとも私は、昔から王子様よりロットバルトの方が好きでした。
悪の魅力というやつでしょうか

ただしこの演出ではスーツのような上着を着ているせいか、
「悪い人」には見えるけど、「悪魔」にはあんまり見えない。
どっちかっていうと「悪徳借金取り立て業者」といった風情でした。秊

そんなわけでソリスト達はちゃんと、それぞれに
頑張っていたのでした。
(これで立派に、フォローのつもり裂)


機械音痴の私は最近ようやくバナーの貼り方を学習しました!
ので、
今日からこちら↓、応援お願いします

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。